シワの改善にはボトックス注射が最適【効果の高さを実感しよう】

  1. ホーム
  2. 多汗症やわきがを治すには

多汗症やわきがを治すには

婦人

施術費用や特徴

手術をしないで多汗症やわきがを治したい場合に効果的なのがボトックス・ボツリスヌストキシンです。ボツリスヌストキシンは神経に働きかけ、筋肉の働きを制御する作用がある成分です。多汗症を治したいところにボツリスヌストキシンを適量注射すると、汗が出る腺の働きが弱まります。ダウンタイムがなく切開する手術よりも手軽にできる上に、施術費用もずっと安いのがボツリスヌストキシン注射の魅力です。わきの下の汗をボツリスヌストキシンで改善したい場合は両わき合わせて2万円〜4万円が相場です。手のひらの汗は3万円程度支払って施術を受ければ、ほとんど出なくなります。足の裏の汗止めは4万円程度、頭皮の汗止めは8万円程度が施術費用の目安です。これらの施術費用はあくまでも目安です。品質のよい厚生労働省認可のボトックス・ボツリスヌストキシンを使用して施術をすると、相場よりも若干高くなる傾向があります。また、ボツリスヌストキシンは半年〜1年程度で効果がなくなるので、継続を望むなら定期的に施術を受ける必要があります。わきの下や手のひらには「エクリン汗腺」という発汗を促す腺が沢山あります。このエクリン汗腺が活性化することで、多汗症になったりわきがになったりします。ボトックス・ボツリスヌストキシンには、エクリン汗腺の活性化を抑制する効果があります。わきの下など汗が出やすいエリアに注射をするだけでいいのでとても簡単です。施術時間は麻酔なしで5分程度で終わり、その日のうちからシャワーをすることもできます。ボツリスヌストキシンがしっかりエクリン汗線の働きを抑制するまでには、多少時間がかかります。施術をしてから2週間〜1ヵ月程度経過すると、徐々に効果が出て汗が出なくなります。ボトックス・ボツリスヌストキシンはエクリン汗腺を切除する手術ではないので、効果はあくまで一時的なものです。個人差は多少ありますが、短くて半年、長くて1年ほど汗が出ない効果が持続します。限定的な効果なので、たとえば「夏の間だけわき汗を抑えて衣類にシミができるのを抑えたい」というケースにも適している施術です。